妻子持ちサラリーマンのつぶやき

それなりの企業に就職して、結婚、子供も2人と生命保険のモデル的な人生を歩んでいるサラリーマンが人生に迷いを感が始めた

アロママッサージで勃起

若い男性は珍しいと言っていました。若い男の子のおちんちんも珍しいのかな(笑)。ちなみに白衣姿なので、微妙にパンティラインが透けています。レースの結構鋭角のショーツでした。さらにペニスが硬くなります。

具体的なマッサージの内容は、こういう体験談ではあまり興味もないでしょうから省きますが、2人がかりでオイルまみれになりながら、体のリンパを流していきます。とにかく痛い。背面の施術の際は、ブリーフをお尻までおろして、容赦なく揉まれます。回春マッサージのような「さわさわ」ではなくて、本当にグイグイ押されます。

そして、リンパで重要なのは鼠径部(そけいぶ)。脚の付け根ですね。ここもしっかりと2人がかりでマッサージしていきます。仰向けの時に集中的にやるのですが、場所が場所だけに、痛いだけでなく、気持ちもいいわけです。回春のツボでもありますしね。

ペニス周辺も手を入れて押していきます。当然、陰毛は完全に露出していますし、勃起も続いています。若かったせいもあるんでしょうけど、もうビキニブリーフはオイルだけでなく、カウパー(我慢汁)でびしょびしょです。

いっそのこと、その場でオナニーしたくもなりましたが、初回でそんなことをやって通報されてはかなわないので、我慢しました(普通の体験談だとここでさらにエッチな展開になるのですが、あくまで「実話」なんで脚色しません)。

ただ、最初は股間にタオルをかけていたんですが、だんだんおざなりになってきて、亀頭をくっきりさせながら、天を向く青いナイロン越しのペニスが露わになりました。もう、たまらないですよ。

当然、壁の向こうでは女性がマッサージを受けています。この背徳感、最高です。もちろん、風俗店ではなく健全店ですからね!

ついにペニスがこんにちわ・・・

鼠径部への2人がかりのマッサージは執拗に続きます。どんどんカウパーによってシミも広がっていきます。ぐいぐいとペニスの付け根を押されるため、本当に気持ちいいのです。

そして、ふとした瞬間、ビキニブリーフの横から、いきり立つペニスが飛び出てしまいました。亀頭の先をびしょびしょにぬらしながら、脈を打つ自分のペニス。数秒、エステティシャンの2人はそれを凝視したまま止まってしまいました。

そして、「失礼しました!」とお詫びをいって、ペニスをあわててビキニブリーフへとしまいこみます。

「何、このエロいシチュエーション!」

しかし、完全に勃起しているペニスをしまうのはうまくいかなかったようで、一瞬、亀頭の裏筋に手が触れます、

「あっ!」と自分も喘ぎ声を上げてしまいました。もう、本当に射精したい。それ以外考えられないようなエッチな状況です。でも、初回なんで我慢、我慢。

痛いリンパマッサージと、エッチな興奮で最後はぐったりとして、施術は終了しました。その後、オイルを落とすため、再びお風呂に入るのですが、もう我慢できないので、洗面台に移る自分のいやらしいビキニブリーフ姿を見ながら、ペニスをシェイキング!

1分くらいであっという間に射精。洗面台に思いっきり出しました。精子の量、勢いともにすごかったですね。あんなに出たのはいつぶりくらいでしょうだったかという感じです。

#マッサージ#アロマ#勃起